いっしょうけんめい のんびりしよう

社会からドロップアウトしたなんちゃって主婦が日々あれこれしたり、字を書いたりするブログ

精神疾患持ちですが不妊治療しています。そもそも不妊治療ってどんなもの?

こんにちは。ゆーかです。

実は絶賛不妊治療中です。2回目の人工授精撃沈しました_(:3」z)_

今日は不妊治療について書きたいと思います。

 

 

 

不妊の定義  何年できなければ不妊?

まず、不妊症とは。

不妊とは 「不妊」とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないものをいいます。 日本産科婦人科学会では、この「一定期間」について「1年というのが一般的である」と定義しています。

不妊症|公益社団法人 日本産科婦人科学会

 

 わたしたち夫婦は結婚して1年以上たってますのでバッチリこれにあてはまってしまいました。

昔は2年って言われてましたが、今は1年なんですね。

期間が短くなったのはいいことだと思います。

その方が早く病院に踏み切れるし。

自然妊娠だと思われる友人たちは、みんな1年以内に妊娠していますね。羨ましい。

 

不妊治療の種類   タイミング法と人工授精と体外受精

不妊治療と一口にいっても、段階的に種類があります。

 

タイミング法

病院で排卵日を調べてもらい、指定された日に性行為をする方法ですね。

若い人、不妊歴が短い人がここから始めることも多いのではないでしょうか。

健康保険適応で数千円くらい。

 

人工授精

精液を、細い管を使って子宮の奥に直接注入する方法。

精液を洗浄濃縮してから注入する洗浄濃縮人工授精と、精液をそのまま戻す自然人工授精があります。

洗浄濃縮で16,000円くらい。

自然で12,000円くらい。

うちはタイミング法を飛ばして洗浄濃縮から始めています。

 

体外受精

卵子を体外に取り出し、精子と受精させ子宮内に戻す方法。

不妊治療というとこれを想像する人が多いのではないでしょうか。

シャーレの上で卵子に精子をふりかけて受精させる方法をふりかけ法といいます。

ふりかけ法の場合、精子が卵子に入ることができないなど受精しないこともあります。30万円くらい? 

 

顕微授精

顕微鏡を使い、 ガラス針を使って卵子に直接精子を注入し、受精させ子宮内に戻す方法。ふりかけで受精できない、精子の調子が悪い時など。

40万円くらい?

 

人工授精から不妊治療始めました

わたしたち夫婦は人工授精から始めました。

なぜなら夫が出せないからです。膣内射精障害というやつですね。

泌尿器科や男性不妊治療の病院などで治療はできますが、夫の仕事が忙しく通院のストレスをかけるのはどうかと思って行っていません。

人工授精で大丈夫ならそれでいいと思いました。

すでに2回人工授精を行なっていますが、精液数値的に問題はありませんでした。

 

人工授精でも意味がない場合がある

フーナーテスト(性交渉後、膣内に残る精子を調べるテスト)で問題なかった場合、タイミング法で妊娠できなければ、人工授精をする意はあまりないそうです。

人工授精は精液を流し込むだけなので、それがもともと可能な人には意味がないということですね。

あとは卵管が詰まっていて排卵できない、精子の調子が悪い等でも人工授精ではあまり妊娠が期待できません。

 

とりあえずうちはこのあたりの検査では問題がありませんでした。

なのでしばらく人工授精を続けていこうと思ってます。

 

人工授精いつまでやる? ステップアップのタイミング

わたしたち夫婦は人工授精は6回までやる、と決めています。

6回やって無理だったら体外受精にステップアップです。

年齢と、あと6回以上やってもあまり期待できないと聞いたからです。

人工授精の成功確率は5%〜10%ほどですが、人工授精で妊娠する人はだいだい6回以内で妊娠するそうなので、わたしたちも6回までと決めました。

 

精神疾患持ちの不妊治療。薬はどうする?

わたしの場合ですが、主治医からは問題ないと言われています。

薬も飲んでいます。

一度不妊治療のために断薬しましたが、状態が悪化したために再開しました。

なので薬は飲み続ける予定です。もちろん、状態がすごく良くなれば別ですけど今はちょっと難しいかな。

ちなみに薬のことについては

精神科主治医は「薬の影響を気にするより、葉酸でも飲んだほうがいい」

不妊治療主治医は「飲まないといけないならしょうがない」

という感じでした。

「薬を飲んでるから」という不安は今のところ感じていません。

そういう不安を持つことの方がよくないそうです。

もちろん、妊婦には禁忌の薬もあるので主治医とはしっかり相談が必要です。

 

あと、わたしは休職しても仕事のことを考えてしまってしんどくなるタイプなので、気を紛らわすという意味でも不妊治療はいいのかもしれません。

なんにせよ、まずは主治医と相談ですけどね。

 

終わりがわからない不妊治療。のんびり続けます。

いつ妊娠できるかはわかりません。来月あっさり妊娠しているかもしれないし、10年後も子どもはいないかもしれない。

やれることはやったら、あとは待つしかない不妊治療。

不妊治療がストレスにならないように、のんびりやっていきたいと思います。

それで赤ちゃんができたらいいな。

 

不妊治療おススメの本

人気ブログが本になりました。

ポチ子さんの「コウノトリのかくれんぼ」 

コウノトリのかくれんぼ

コウノトリのかくれんぼ

 

 ほんわかした絵柄で、ほっこりしたり共感したり。

治療の流れもよくわかります。おススメですよ。

 

 

 

追記:カスタマイズしてたら、つけていただいていたはてなスターが消えてしまいました( ;∀;)

つけてくださっていた方ありがとうございました&ごめんなさい( ;∀;)